北斗晶さん、乳癌発覚、闘病から通年復職

前年の9月々の衝撃の乳癌発言から通年、北斗晶氏がついに芸能働き続開宣言しました。小林麻央氏をはじめ、芸能界に関わらず、世間一般のマミーのみんなが、芸能界からのこういったマミー特有の酷い病について改めてその恐ろしさと闘病、術後の再発との天王山について体感させられた。北斗氏も術後の再発も認められずにやり方は可だけれども、これから数年かけてホルモンなどの投薬療法を続けていかなくてはならないようで、オペがエライからといって安心できない、ガンという病に恐ろしさを見せつけられた考えだった。専業もさることながら、家庭、息子、自分のやりたいこと、様々なことを犠牲として闘病しないといけない。世帯に対する負い目や自分のボディーがままならないもどかしさ、置いてきてしまった自分の収穫に対するいらだち。病以外の様々な物質とも向き合わなければならない。周囲の支援も有用です。北斗氏は乳癌という病だけでなく、色々な物質と立ち向かい、覚悟を持って対峙し生還できたのだろう。世間の多くの闘病当事者のそれぞれにとって大きな目途と生まれ変われることを願いたい同士作りあげるアプリケーションが手放せない

アンチに囮どころか引き取り手からもバッシングが

坂道関連と呼ばれるモデルユニットとして活動する「乃木坂46」と「欅坂46」が揃って紅白歌合戦への参加を決めましたが、一方でこれまでブイブイいわせてきた48ユニットが、ブランク酷い結果に。具体的に言うと、AKB48以外のユニットはみんな紅白歌合戦から脱落していらっしゃる。

年々紅白歌合戦ではAKB48ユニットが大挙して登場するというのがしきたりになっていましたが、今回は紅白歌合戦のメニューにおいて、投票形式で出演会員を決めるという性質になています。ここに異を唱えているのはアンチや「無関心層」だけではありません。総選挙上位の会員がポツポツと糾弾しているのです。

メニューのコマーシャル段階で渡辺麻友君は違和感を保ち、指原莉乃君もツイッターで予告のないメニューコマーシャルとして、舵取り位置付けを糾弾。今回の制度ならAKBとの掛け持ちを解消となった松井珠理奈君や山本彩君も出場できるようになっているのですが、参加できないため大泣きしてしまうヒトも出てくるようなデリケートな意図なだけに、この手法が疑問視されています。

確かにアミューズメントにおいて見る食い分にはおかしいのかもしれないですけど、その裏側には参加が果たせなくて悔しい思いをしている方々もいるので、そのあたりのメンタリティも汲み取ってほしいものです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161124-00000027-tospoweb-enthttps://xn--n8j4kf9f4b0lek4ed6179liegqt2k.com/

タブレット子守を叱る前にちびっことういういしい奥さんが過ごしやすい風土を整えてほしいだ

テレビジョン風評局で「携帯子守」をマターに論じられていた時折「赤子の位から携帯を送るなんて…」としていたのです。けど其れにも母身の回りの葛藤と困難の末に止むを得ず息子にスマフォを与えていたと知ってからは意見が変わって来ましたね。JR中やスーパー等の公建物で息子が突然涙し生み出したりすると周りのあなたから見えない触発を感じて、良くないと分かりつつ携帯を加えると大人しくなるとの時でした。こちらは息子が好きですから幼子が涙し喚いている光景に居合わせても可愛さこそ有れど煩いは思いませんね。でも哀しいかな世の中には息子の甲高い声が微笑ましくないと受取るユーザーがある様ですね。以前もJR内で赤子がわめき止まず困り果てている若々しい母を見ましたが、母の傍に座っていた初老の女性が見兼ねて席順を譲ろうとしますが皆さんへの配慮からか立った儘においていたのです。未だ年端も行かない息子に年中大人しくしていろというほうが駄目は。泣き叫んだり癇癪を起こすのは息子の職務と割り切って温かいまぶたで探る事も思い遣りですよ。息子がおるユーザーと居ないユーザーとでも意見は違う様ですし、いくら既婚女性が息子をと思ったとして情勢が息子を産み育て上げるに相応しいもので無かったら其れを跳ね除けて迄息子が欲しいというでしょうか。少子化とうたう前に先ず母子に優しい人前創造と情勢を整えてこそ成り立つフレーズですね。もしものときのための白い歯にする方法